バイナリーオプション取引記録【2018年5月1日】

こんにちは、たくまです。

今週はボリンジャーバンドを用いてエントリーポイントを見極める方法について解説しようと思います。弟子の子達には教えていますが、私は取引の際にボリンジャーバンドを用いてエントリーすべきポイントを探っています。

もちろんそれだけではありませんが、今回はボリンジャーバンドのスクショを見てもらいながら私の取引方法の一部をご紹介します。下の画像をご覧ください。

GBP/USDの15分足

こちらの画像は私がエントリーした瞬間にスクショしたものです。

ボリンジャーバンドでは「σ(シグマ)」と呼ばれるラインの内側にどのくらいの確率で価格が収まるかを表しています。

私がエントリーポイントを探すときは、まずボリンジャーバンドを見るところから始まり、その後価格が跳ね返りやすそうなものの中から最も条件が良さそうな通貨ペアを選択して取引を行っています。

今回の取引では上図のGBP/USDが良さそうだったのでこちらを選択しました。

ハイローオーストラリアの画像を見ると価格が大きく伸びていることが分かるかと思います。

私はここで「価格が上に伸びきったから下がるだろう」と予想してLOWエントリーしました。そして下図は私の予想と取引の結果になります。

GBP/USDの15分足

ハイローオーストラリア

黄色い丸印で示したポイントが私が取引の際に見ていたローソク足です。

ご覧の通り価格が跳ね返されたことでローソク足の実体部分はヒゲになっており、ハイローオーストラリアのチャートでも一定の水準まで下げてきていることが分かります。

ここでは皆さんにも分かりやすいようにメジャーなインジケータであるボリンジャーバンドを用いて説明しましたが、取引の際に参考にしていることはこれだけではありません。

もしエントリーポイントを探す方法をもっと詳しく知りたいという方はライン@へ連絡してください。

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

弟子入りに関しましては少数ですが受け付けておりますので、興味のある方はライン@へご連絡ください。

定員になり次第締め切らせて頂きますのでご了承ください。

>>無料相談について<<

中卒の僕が月収200万円を稼いだ方法をLINEで伝授します