投資初心者の読み物一覧

リーマンショックから投資を学べ!①~リーマンショックとは~

『リーマンショック』と聞くと"世界的に経済がヤバくなった出来事"くらいのイメージしかわかない方が多いでしょう。10年も前の話だから自分には関係ないと思う方もいるかもしれませんが、実はなぜ投資の勉強が重要なのかを知るためのヒントがリーマンショックの歴史には詰まっています。今回は再び起こるであろう金融危機に備えて、あなたが将来のために今できることは何かについてお伝えしようと思います。

FXで破産する人に共通する3つの特徴

投資に関する話を聞くと、「FXで借金まみれになった」「バイナリーオプションで破産した」など、大損してしまうイメージを持つ方もいるでしょう。しかし実際のところ、FXやバイナリーオプションで借金をしてしまう可能性は限りなくゼロに近いのです。ではなぜ大損した話が出てくるのでしょうか?それはFXやバイナリーオプションで破産してしまう人に3つの共通する特徴があるからです。

“大数の法則”を制す者はFXを制す!?

「個人投資家の90%は負けている」という話は有名でしょう。日本において多くのトレーダーが勝てずにいる原因の1つに金融リテラシーの低さが挙げられると思います。お金に関する授業を小学生のうちから取り入れている欧米諸国と違って、日本では未だに義務教育でも高校でも大学でもお金について勉強する機会がほとんどありません。しかし本やネットを通じて投資の勉強をある程度した方でも、なかなか投資で勝てるようにならず悩んでいる人もいると思います。なぜ同じ日本人同士でも勝てる人と勝てない人が出てくるのでしょうかか?

貯金する前に勉強しろ!将来のために必要な「お金の話」

お金の話をすると「お金について考えるなんて卑しい」「投資の勉強をしなくても人並みの生活ができればいい」と反論する方もいるでしょう。しかし生まれてから死ぬまで使うお金について知らないのは、学校で勉強する数学について知らないこと以上に重大なことではないでしょうか?また"人並みの生活"といっても「家を持って」「子どもをつくって」「学校に通わせて」「休日には出かけて」など、お金が必要なことばかりですし、"人並みの生活"というのは思っている以上に贅沢なものだと思います。

2つの取引方法?自分に合った投資スタイルの選び方

スマホが普及したことでFXやバイナリーオプションが身近なものになり、誰でもカンタンに取引を始められるようになりました。手軽に始められるようになった一方で、自分にはどのような取引方法が合っているのかが分からないといった方も多いのではないでしょうか?そこで今回は2種類の投資スタイルを紹介するので、あなた自身の生活スタイルに合うものを選ぶ際の参考にしてください。

「これだからゆとりは」というのは思い込み?

「これだからゆとり世代はダメなんだよ」2010年頃まで実施されていたゆとり教育を受けて育った世代を非難するときの言葉としてよく耳にする言葉です。一般的には「根性がない」や「やる気がない」と言われます。しかしゆとり世代ではない、もっと上の年齢の人にも同様の人はいたはずですし、逆にゆとり世代の方が優れた人材も多くいると思われます。それでも「ゆとり世代=使えない」という印象を持たれがちなのは何故でしょうか?

約85%の人が投資に興味があるのにやらないワケ

あなたは投資に興味はありますか?あるのであれば現在投資をやっていますか?または今後やってみようと考えていますか?おそらく興味はあっても、やってみようとは考えていないのではないでしょうか。実はあなた以外の人々も多くの方が興味はあるけど実際に取り組むのはちょっと...。と悩んでいます。彼らはなぜ興味があるのに手を出そうとしないのでしょうか?

クラウドファンディングとは?

最近キングコングの西野さんのブログで話題を呼んでいる「クラウドファンディング」ですが、そもそもクラウドファンディングが何を知っている方は多くはないでしょう。一言で言えば「寄付」になるのですが、あなたが想像するような単純な寄付ではなく、実は新しいビジネスが生まれるキッカケにもなり得る面白い寄付の形なのです。

「働いたら負け」の理論についてまじめに考えてみた

あなたはいくら働いても生活が豊かにならないと感じることはありますか?実はそれは気のせいではなく、ピケティという経済学者によって論理的に証明されていることなのです。彼によると今の社会では労働で得られる利益より投資で得られる利益のほうが必然的に大きくなるというのです。

1 2 3 4