祝日でも取引できる!?バイナリーオプションの取引時間を攻略!

バイナリーオプションの口座を開設して、いざ取引を始めようと意気込んだはいいものの、取引時間外で始められなかったといった方はいませんか?

例えば会社員や学生の方々は、平日に仕事や学校があり取引する時間がないから、土日にやろうと考えている人がいるかもしれません。

しかし一般的にどこのバイナリーオプション業者も土日は営業しておらず、平日しか取引できません。

また一口に平日と言っても業者によって多少時間が異なる場合もあります。

今回は取引を始める前に知っておきたい、バイナリーオプションが取引できる時間と、勝つために重要な時間ごとの相場の特徴について解説します。

平日なら24時間取引できる

冒頭でも少し説明しましたが、バイナリーオプションは平日であれば24時間取引することができます。

株式市場は取引時間が前場と後場で決まっており、1日の取引は15時くらいに終わってしまうため、日中時間が取れない方が取引に参加するのは難しいでしょう。

そういった観点から見れば、夜間でも取引できるバイナリーオプションは忙しい人向けといえるかもしれませんが、その点については以下にて改めて説明します。

土日は取引できないが祝日は可能

だた前述のとおり平日は24時間取引できますが、残念ながら土日はバイナリー業者が営業していないため取引できません。

そのため仕事や学校が休みである土日に取引しようと考えている人は、バイナリーオプションで稼ぐことは厳しいでしょう。

ただ土日は不可能ですが、日本の祝日の場合はバイナリー業者が営業しているため、取引に参加することができます。

FXも同様ですがバイナリーオプションは外国の通貨を取引するので、日本が休みであっても海外の取引市場が動いていれば取引できるのです。

もちろん細かい取引時間や休みの日などは各業者によって異なります。

以前紹介したこちらの記事では、バイナリーオプション業界の中でも大手で人気もある「ハイローオーストラリア」の取引時間について解説しているので、興味のある方は合わせてご覧ください。

バイナリーオプションの取引を始める際に知っておきたいのが、取引できる時間でしょう。あなたが休みであっても場合によっては取引できない恐れがあるので、まずは取引できる時間を知る必要があります。今回は大手バイナリー業者として人気のある「ハイローオーストラリア」の取引時間や、取引にオススメな時間帯について解説します。

勝てる時間帯!?

さて、取引時間が分かったところで実際に取引をしていくにあたり、多くの方が「勝てる時間はいつなのか?」が気になっていると思います。

もちろん未来予知でもできない限り勝率100%を達成することは不可能ですが、時間ごとの相場の特徴を捉えることができれば70%や80%など、勝率100%に近づけることはできます。

ここではまず初心者が抑えておきたい「世界の三大市場」が開くタイミングと、開いたときの特徴を説明しましょう。

世界の三大市場がどこか?については諸説ありますが、一般的には「東京市場」「ロンドン市場」「ニューヨーク市場」が三大と言われています。

実はこれらの市場が開くタイミングは為替市場が大きく動きやすい特徴があり、バイナリートレーダーの中にはこの時間帯の波を狙って取引する人も少なくありません。

これらの時間帯が全てというわけではありませんが、バイナリーオプションを始めたばかりで右も左も分からない人は参考にしてもみてはいかがでしょうか?

次回の記事(下記参照)ではさらに細かい時間ごとの特徴などについて解説します。

バイナリーオプションを攻略するためには、テクニカル分析が必要不可欠と言っても過言ではないでしょう。 テクニカル分析とは直感で取引するの...