会社選びにおける4つのコツ!初心者向けバイナリーオプション攻略

一口にバイナリーオプションと言っても、どの会社を選ぶかによって「取引金額」「判定時間」「取引できる通貨」など、いろいろな違いがあります。

今回はバイナリーオプションで稼ぎたいと考えている初心者が、どういった基準で会社を選ぶべきかについて解説します。

いくつかポイントがあるので、これから業者選びをする人は参考にしてはいかがでしょうか。

バイナリーオプション業者一覧

バイナリーオプションを取引するためには、各業者で口座を作る必要があります。

下記の会社以外にもたくさんありますが、ここでは有名どころをいくつかピックアップして紹介します。

  • ハイローオーストラリア
  • GMOクリック証券(外為オプション)
  • YJFX!(オプトレ!)
  • ザ・バイナリー(the binary)
  • ファイブスターズマーケット

どこを選べばいいの?

バイナリーオプションについて調べたことがある人なら、名前くらいは聞いたいことがあるかもしれません。

ただ、それぞれの業者の何が良くて何がダメなのか?何を基準に選べば良いか?など、初心者には難しいポイントでしょう。

そこで業者選びのポイントを以下の4つに分けていくつか紹介します。

デモ取引の有無

1つ目はデモ取引があるかどうかです。

デモ取引はデモトレードとも言い、架空のお金を使って取引の練習ができる無料のツールで、業者の使い方を学べます。

デモ取引では自身の手法が通じるかをノーリスクで力試しできる上に、取引額の設定など実践で無駄なミスをしないための練習をすることができます。

あくまでも練習に便利なツールなので「絶対に必要!」というわけではありませんが、初心者にとっては備わってあるほうが安心できるのではないでしょうか。

入金可能な最小金額

2つ目は入金時に必要な最低金額です。

多くのバイナリー業者はまとまったお金でないと入金できないので、あなたの資金余力からいくらなら入金できるかを加味しなければなりません。

仮に業者を選んでも、あなたの資金余力を大幅に上回る入金額では、資金を溶かすリスクを伴うので自身に合った金額を入金できる業者を選びましょう。

取引可能な最小金額

3つ目は取引に必要な最低金額です。

入金とは別に、取引に使える金額の最小値も業者によって異なるため、特に初心者は取引額が大きすぎるものは選ばないほうが無難でしょう。

一般的に1000円くらいが相場として見られることが多く、数百円でも取引できるところは比較的少額であると判断できます。

こちらの項目もあなた自身の資金余力を加味した上で、自分に合った金額で取引できる業者を選びましょう。

出金可能な最小金額

4つ目は出金させてもらえる最小金額です。

ネット上で見かけることの多いトラブルの代表例が出金に関わることだと思うのですが、当事者が確認を怠っていたことが原因のパターンも少なくありません。

ここで紹介する出金可能額も、あらかじめ調べておけば「せっかく取引して儲けたのに出金できないじゃないか!」などといったトラブルに巻き込まれるリスクも下げられます。

目安としては出金可能額が5万円を超えるような業者は、利用を控えたほうがいいでしょう。

出金額が大きいということは、その分稼がねばならない金額のハードルも上がるため、特に初心者は1万~2万程度あるいはもっと少額でも出金できる業者がオススメです。

利益より利便性

バイナリーオプションは稼げるイメージが強いため、業者選びを利益(=ペイアウト)の高さを基準にする人が少なくないと思います。

利益の大きさは確かに魅力的ですが、上記の出金可能額が高すぎて引き出せなければ意味ありません。

また取引金額にしても、取引に慣れないうちは少額でリスクを小さくし、慣れてきたら少しずつリスクを大きくして、利益を目指せばいいのです。

業者選びはその後の取引の大きな影響を及ぼすため、誤った選択をしないよう適切な知識であなたに合う業者を選べるようになりましょう。