手法やロジックを気にする投資初心者が損失を繰り返す1番の理由

あなたは、1ヶ月分の給料を
たったの3時間で無くしたことはありますか?

こんにちは、たくまです。

FXやバイナリーオプションを
始めたばかりの人がハマる罠があります。

これは、投資を始めたばかりの人が
ハマってしまう罠ですが、ほとんどの人は
気づいた時にはすでにその罠にハマっています。

その罠にハマってしまう人は
取引のやり方や方法論ばかりに
目が行ってしまいがちですが、
大事なことは、実はそんな事ではないのです。

すでに取引を始めていて、
損失を繰り返してしまっている人は
これから同じ失敗を繰り返さないために。

まだ取引を始めていない人は、
これから誰もがしてしまう失敗をしないために。

最後まで読み飛ばさないよう
1文1文しっかりと読んでください。

投資を初めたての時、取引をするのに
ドキドキしながらパソコンやスマホと
にらめっこをしてしまいます。

多少の勉強に自信を持ち、
「これで稼げる!!」と
期待を胸に膨らませながら、取引しようとします。

もちろん、
投資で稼いだ将来に期待する事は
悪い事ではありません。

しかし

不思議なことに投資初心者の多くが、
ただ取引を始めただけで、

「これで、金持ちの仲間入りだ」

と勘違いをしてしまうのです。

日本という国では、『投資』というものに
どこか否定的な考えがあります。

投資にどんなイメージがあるかと聞くと

「投資なんてギャンブルだ」

「一部のお金持ちがすることだ」

「投資なんてうまくいくわけがない」

なぜか否定的な意見ばかり聞きます。

そんな風潮がある中で、

「私は投資で稼ぐんだ!」

という意思を持った人が
実際に証券口座を開設して、
口座への入金を済まして

『投資』という世界に足を踏み入れていくわけですが、

そんな人たちでさえ、
この罠にはまってしまうのです。

罠にハマらないようにするために、
特別な知識は1つもありません。

金融工学などの難しい勉強や
他の投資家たちが知らない勉強をする必要もありません。

ほんの少しだけ、
この罠の秘密を知るだけでいいのです。

では、

その罠とは一体どんなものなのでしょうか。
ある投資家は、数ある本を勉強して
知識的には大学で専門的に研究しても
良いくらいの投資の知識を身に付けました。

しかし、

その投資家は損をするばかりで、
一向に稼ぐことができません。

様々な分析方法を駆使しながら取引をして、

利益と損失を繰り返しながら、
多くの資金を費やして、
何度も取引をするのですが、
全く稼ぐことができませんでした。

投資に関する知識が
膨大にあるにもかかわらず、

その投資家は、
投資を始めたばかりの人たちが
ハマってしまう罠と同じものに
引っかかってしまうという現実があるのです。

では、その罠とは一体なにか。

その正体は、
『あなたが人間である』という事です。

「???」

意味が分からないと思うので、
一つ一つ説明していきます。

人間は何かを判断するときに、
大きく分けて2つの基準で選択をします。

その2つの基準とは
『感情』『理屈』です。

例えば、

「おなかが減った」

と思ってご飯を食べるのは、
『感情』的な選択でする行動です。

スポーツ選手の場合は「身体づくり」をするために
『理屈』的な選択として、栄養摂取をするために食事をします。

同じ行為でもその選択の基準は異なるものなのです。

『投資』の場合、取引をする時には、
すべて『理屈』で選択していきましょう。

『感情』は捨てなくてはいけません。

「投資で稼ぐんだ!」

という熱意は大事にしてほしいです。

ただ、取引をする際にその感情は
グッと押し殺してください。

投資初心者がハマってしまう罠とは、
この『感情』によるものだったのです。

感情による取引をせずに、
理屈だけで取引をすることができれば、
罠にハマることはなくなります。

「たったそれだけ!?」
と思うかもしれませんが、

“たかが”

これができないがために多くの人が
トイレに現金を流してしまうような
無駄な損をしてしまうのです。

では

『理屈的な選択』とはどういうことか。
それはとてもシンプルなものです。

「ルールを決めてその通りに取引をする」
たったのこれだけです。

“手法”や”ロジック”と呼ばれるものには、
様々な種類があります。

どんなにすばらしいものだったとしても
“感情”による取引を行っている間は、
最終的に間違いなくあなたは損をすることになります。

手法やロジックにもさまざまな種類があるように、
投資における感情的な要素にもさまざまな種類があります。

この記事では、

『感情で取引をせず理屈で取引をする』
という事がわかってもらえたらと思います。

「どういったルールを設けるべきなのか」

「どういった感情に左右されてしまうのか」

これらは今後の記事でお話していきます。

どんなに意識をしていても
人はつい『感情的な取引』をしてしまうので、

「ルールを決めたらそれ以外の感情的な取引はしない」

まずはこれだけ守ってみてください。