投資初心者でもラクラク稼げる!?素人トレーダーが簡単に稼げる条件とは

がこのブログで伝えたいのは、
専業のトレーダーになれた僕が思っている事。

あるいは、知っている限りの真実を
あなたに伝えていきたいと思っています。

そして、
はっきりと断言します。

投資で『月に100万円を稼ぐ』
というのは本当に”簡単”です。

しっかりと最低限の知識をもって取引すれば、
あなたも来月から達成できるでしょう。

「そんなの嘘だろ!?」

「そういうことを言っている商材や
広告を見てきたけどどれも嘘だった」

そう思われるかもしれません。
しかし…本当に簡単なのです。

よくネット上には、
『初心者でもFXで100万稼げる』

そんな広告や商材があると思いますが、
よく理解すればそれが達成できる事を、
あなたにもわかってもらえると思います。

僕に言ってもらえれば、
来月からでもそれだけのお金を
あなたに稼がせられると思います。

ただ、

これには条件があります。

この条件を、
もし満たすことができていたら、
あなたも月に100万円くらいは
簡単に得ることができます。

条件はたった1つです。

とりあえず10億円を用意してください。

それだけのお金があれば月に100万円くらいは、
簡単に稼げるかと思います。

トマ・ピケティが提唱している式。
【r>g】(r:資産運用で得られるリターンのr。g:
経済などの成長をあらわすグロースのg)

難しいかもしれませんが、簡単に言うと

「経済成長よりも資産運用で
得られるリターンの方が大きくなるんだよ」
って話です。

現在、世界の経済成長は平均で
約3.1%と言われています。

なので、10億円あれば年間3100万円
という金額よりも大きい利益が見込めます。

最低限の投資や金融に関する知識があれば、平均で
月に100万円という利益を大きく超えています。

「ふざけんな!10億なんてあるわけないだろ!」

そんな事を言われてしまいそうですが、

冒頭でお伝えしたように、
僕はこのブログで僕が思うだけの真実を、
しっかりと伝えていきたいと思っています。

元手が10万円しかないのに、
1か月で100万円にするというのは、
絶対に無理ということはないですが、
不可能に近いものです。

冷静に考えてみてください。
もし仮に『1か月で資金を10倍にする』
そんな方法があるとします。

なんでそんな方法をたった数十万で
あなたに売るのでしょうか?

おかしいと思いませんか?

もしそんな方法があったとしたら、
僕なら大企業や国を相手に売ります。

その方が明らかに高単価で売れるからです。

夢を見る事や将来に期待することは、
人生を豊かにするために良い事だと思います。

しかし、どんなに夢を見ていても、
足元の現実を見ることから目を
背けてはいけないのです。

「そんなうまい話はないんだ」
という風に割り切らないと、
スタートすることすらできません。

やはり、月に100万円もの大金を稼ぐことは
それだけ大変だと思ってください。

投資を始めたての方や、
今までに損をしてしまった人には、
いつもこんな話をしています。

すると、

ほとんどの方にこんな質問をされます。

「元手が10億円もない人は
月に100万円稼ぐことはないんですか?」

そんなことはありません。

僕が言いたいのは、投資初心者がいきなり
10万円で始めて1か月で100万円にする。
というのが難しいということです。

言われてみると当たり前に思えることが、
全く意識されていないせいで、
多くの人がムダな失敗をしています。

「元手10万から1か月で100万円稼ぐ!」
こういった夢を語る多くの方が、
ツールやシグナル配信などを購入されています。

そして、

ほとんどの方がその購入代すら稼げずに、
損失だけを増やしてしまっています。

では、

高額な商品を購入しているのにもかかわらず、
失敗してしまうのはなぜなのか。

言われてみると、
当たり前に思えることとは何か。

それは自分自身の『現在地』を
把握していないことが原因です。

この記事では、広告や商材のように

「短期間で大金を稼ぐのは難しい」

「そんなうまい話はないんだ」

そんな気持ちになって、
いま一度、あなたが足元の現実を
見るきっかけになれば幸いです。

もしも、

ツールやシグナル配信などの購入を考えている方は、
一度立ち止まって考えてみてください。

そして、次の記事の内容を読むまでは、
購入は控えてもらえたらと思います。

高額なシステムやツールを買っても、
購入金額すら稼げずに損失を増やし、
失敗してしまう原因の『現在地』については、

次回の記事でお話ししていきます。

長文になりましたが、
最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

→続きの記事を読む【ツールやシステムを買う前に知っておくべき『現在地とは』】