童話に学ぶ成功法則【うさぎとかめ編】

もしもあなたに「投資で稼ぎたい!」
という気持ちが本気であるなら、
この話を一度知ってほしいです。

誰もが知っているような話にも関わらず、
一度ちゃんと聞くと全く違う話に思えます。

あなたも一度は聞いたことのある童話が、
“成功法則”と呼ばれるような、成功者の
どんな話にも共通するような話だったのです。

この話の本当の見るべき視点を聞いてから、
僕が見る世界は大きく変わりました。

“投資で稼ぐ”ことだけでなく、
その先どのように生きるのかという
人生そのものにつながるような話です。

その話は
『ウサギとカメ』という童話です。

この話のあらすじは以下のようなものです。

歩くのが遅いとバカにされたかめが、
どちらが山のてっぺんまで早く辿り着けるか
うさぎに勝負を挑みます。

スタートの合図でうさぎが飛び出すと、
予想通りうさぎはどんどん先へ進み、
かめとの距離を広げていきます。

かめがあまりに遅いので、
うさぎは一休みのつもりで
うとうと眠り始めました。

しばらくして目を覚ますと、
かめの姿が見えません。

うさぎはゴールを目指して走り出しました。

しかし、

山のてっぺんで、
先にゴールしていたかめが
大喜びしていたのです。

かめは、うさぎが居眠りしている間にも
歩みを止めずに着実に進んでいたのでした。

勤勉で真面目な弱者は、
怠惰で不真面目な強者にいつか勝る。

そんな教訓を含んだ話です。

ただ、本当にかめはコツコツと頑張ったから
うさぎに勝つことができたのでしょうか?

はっきり言って、真面目にコツコツと
頑張っているだけで勝てるほど、
人生甘くないですよね。

「この話を説明してください」

「カメはなぜウサギに勝てたのか」

と聞かれたら、あなたは
どのように説明しますか?

「ウサギが寝てたからカメに勝てた」

「ウサギが怠けたから」

「カメはコツコツ頑張った」

そんな答えではないでしょうか??

この質問をしてみると、
ほとんどの人がそのように答えます。

確かに、この話から見える表面的な教訓は
そういったものだと思います。

しかし、この話には続きがあります。

うさぎがかめに
「もう1度勝負をしよう」と提案するのです。

かめは快く2戦目を受け入れますが、

2戦目は怠けることなく、
うさぎはゴールに到着します。

大差をつけてかめに勝ったのです。

今度こそ勝てたウサギは、
ゴールで喜んでいました。

ところが、遅れて到着したかめが、
なぜか笑っているのです。

うさぎはかめに聞きました。
「負けたのにどうして笑っているんだい」

かめはこう答えました。

「最初の時よりタイムが早くなったからだよ」

この話で重要なのは、ウサギとカメの
それぞれが何を見てたのかという、

“視点”の話だったのです。

「ウサギが寝ていた」

「ウサギが怠けた」

「カメが頑張った」
そういった行動の話ではなく、

「なぜウサギは怠けたのか」

「なぜカメは頑張ったのか」
そのように考えてみてください。

それを考えるのに大事なことは、
“ウサギとカメが見ていたもの”
つまり、視点なのです。

ウサギはスタートする前から、
自分が負けたとわかるまでの間、
ずっとカメを見ていました。

「カメは自分よりも遅いから大丈夫」

「少し休憩したくらいでは問題ない」

このように、自身の行動原則を
カメを基準に考えていたのです。

一方でカメが見ていたのは、
“自分が目指すべきゴール”
それだけでした。。

あなたは投資で稼いでいくための行動原則を
他の人においていませんか??

「家族を見返してやりたい」

「友達に自慢したい」

そのように自分以外の人に
視点を置かないでください。

あなたの人生です。

あなた自身がどうなりたいのか。

長期的にも短期的にも、
自分の目標を目指してください。

あなたが進むべき道がどこにあって、
どの道を一歩一歩進むべきなのか。

道を見誤らないように
着実に進んでいきましょう。

たくま