投資に必要な3つのポイント

「投資には興味があるけれど損するのが怖いからやらない」と考えている方は多いのではないでしょうか?

確かにまったくの初心者がゼロから始めて儲かるかと言われると、そう簡単にはいかないでしょう。

ではなぜ世の中には投資で稼ぐことができている人とできない人の2パターンに分かれてしまうのか?

それは勝てる投資家が心得ている3つのポイントを抑えているか否かの違いです。

①投資を行うための余裕資金

1つ目は運用に使う資金です。

株式にしろFXにしろ取引するためにはこの運用するための資金が必要なわけですが、この運用資金についてたまに勘違いしている方がいます。

何に勘違いしているのかと言うと、運用する資金は”余裕資金”でなければならないのに、生活に必要なお金を用いて投資を行ってしまっている方がいる点です。

投資はお金を増やすための手段として用いることができますが、相場には流れがあったり向き不向きがあったりするので必ず増えるわけではありません。

状況によってはやむをえず資産が減ってしまうような相場に直面することもあるでしょう。

そんなとき余裕資金で運用していないと心理的に余裕がなくなり、冷静な判断ができず取引で無駄な失敗をしてしまう恐れがあります。

後の③でも解説しますが、投資においては心的要因が大きく影響するため冷静に取引ができるか否かはとても重要です。

また長い目でプラスにすることも重要なので、減って困るお金では取引してはいけません。最初は「最悪なくなっても大丈夫」くらいの資金量で取引に臨むことが肝心です。

②取引で勝つための手法

2つ目は取引におけるルールつまり手法ですが、「勝つための」というと語弊があるかもしれません。

確かに勝つことも重要ですし勝たなければ資産は増えないのですが、正確には「負けないための」と表現すべきでしょう。

「勝つため」も「負けないため」も同じなのではないかと思うかもしれませんが、どちらかと言うと投資では『減らさないこと』のほうが重視されがちです。

理由は投資で勝ちに行こうとすると積極的に取引に参加するようになり、取引すべきでないポイントでも参加して負けてしまい、結果的に損失が出てしまうパターンが多いのです。

突発的に増えたとしても一時的には嬉しいかもしれませんが、どんなに優れた投資家でも100%連勝し続けることは不可能です。

先ほどもお伝えしたとおり投資では長い目で見てプラスになることのほうが重要なので、大負けせずコンスタントにプラスの利益が出るような手法を体得しなければなりません。

こういった手法は独学で身に付けることはできないので、手法も持っていないのであれば、まずは実際に取引をやっている師を探すのが賢明でしょう。

③マインドマネジメント

3つ目はマインドマネジメント、言い換えれば心理面を自身でコントロールできる能力、もっと具体的に言うと「一貫性と自己規律」です。

1つの手法を見つけ出したのであれば仮に連続で負けることがあっても一貫してルールを守り続けること、さらにそれを継続する自己規律が成っていないと長期的に利益を出し続けることは困難です。

典型的なダメパターンの1つに、バイナリーオプションなどのシステムやツールをアレコレ買い漁っては負け続けている人が挙げられます。

こういった人は一貫性がないので仮に勝てるツールに出会っていたとしても、多少負けが続いただけですぐにやめてしまいます。

また負けた原因を探ったり研究したりするなど、自分を律して取引に取り組むこともせず、次から次へとツールを求めてしまうのも悪い例と言えます。

いくら優秀な手法を見つけたとしても使う側の人の能力が低くては宝の持ち腐れ、免許取りたての人がスポーツカーを運転するようなものです。

教えてもらえる師匠と環境を探せ!

投資の勉強において一番安全で近道になるのは正しい師匠に投資を教えてもらうことです。

たまに独学で勉強しようとしている人がいますが、一人で勉強しようとするとお金も時間も余計にかかってしまいます。

正しい道を教えてくれる人がいるのであれば、そういった質の良い学習ができる環境にお金も時間も使うべきではないでしょうか。