2つの取引方法?自分に合った投資スタイルの選び方

スマホが普及したことでFXやバイナリーオプションが身近なものになり、誰でもカンタンに取引を始められるようになりました。

手軽に始められるようになった一方で、自分にはどのような取引方法が合っているのかが分からないといった方も多いのではないでしょうか?

そこで今回は2種類の投資スタイルを紹介するので、あなた自身の生活スタイルに合うものを選ぶ際の参考にしてください。

選ぶ前に自分の属性を知ろう

投資スタイルを選ぶ前に、まずは自分の生活サイクルを見直して「どの時間帯なら取引できるのか」「どの程度の期間なら取引に時間を割けるのか」を調べましょう。

例えば学生や主婦の方であれば日中でも比較的時間はとりやすいでしょうし、会社に勤めている方であれば取引時間は仕事が終わってからの夜間がメインになるでしょう。

また仕事が激務で取引に当てるためのまとまった時間が取りにくいといった方は、1回の取引期間が1週間から1ヶ月くらいになるかもしれません。

自分の生活サイクルが分かったら、次の章以降で紹介する取引スタイルから選んでみましょう。

まとまった取引時間が取れる人にオススメ!「デイトレ」

デイトレードは通称デイトレとも呼ばれ、1日のうちにエントリーから決済まで行う取引スタイルで、比較的短期間で結果が出やすいのが特徴です。

取引スタイルはいくつかありますが、デイトレは一番オーソドックスな手法として有名なので、当記事の読者にも知っている方が多いかもしれません。

この取引スタイルは1日のうちでエントリーから決済まで行うので、安く買って高く売るといった売買差益をメインに狙う取引になるでしょう。

余談ですが、デイトレよりさらに期間の短い「スキャルピング」というものもありますが、難易度が高いことで有名なので今回は説明を省かせてもらいます。

時間がない人にもオススメ「スイングトレード」

スイングトレードは数日から数週間、数ヶ月間ポジションを保有し続ける長期的な取引スタイルです。

文字通り長期的なトレードになるため、デイトレに比べると結果が出るまではタイムラグがあります。

メインで狙う利益もデイトレのような売買差益ではなく、どちらかと言えばポジションを保有し続けることで得られる「インカムゲイン」になると思います。

ただスイングトレードは保有期間が長いので、売買差益を狙うことも可能なうえに、持ち続けた分だけ利益を大きく伸ばすこともできます。

デメリットとしては雇用統計や金利政策といった経済政策や世界情勢の影響を受けやすいため、世界ニュースにはアンテナを張っておく必要があるでしょう。

超短期で成果が出やすい「バイナリーオプション」

FXとは異なりますが、バイナリーオプションですと取引できる期間が決まっているので、ふと時間が取れたときに気軽に始めることができます。

バイナリー業者にもよりますがエントリーから決済までが5分から10分くらいで終わるものありますし、中には30秒程度で結果が出るものもあります。

またバイナリーオプションは運用に必要な資金もFXに比べると少なくて済むので、総合して初心者にはなじみやすいものと言えるでしょう。

しかし期間が短ければ簡単というわけではなく、むしろ難易度が高い可能性もあります。

自分の生活スタイルを把握したら取引に当てられる時間も加味した上で、最適な投資スタイルを見つけましょう。

自分の投資スタイルを見つけたら取引のルールを作ります。ただ自分一人では間違ったルールを作る恐れがあるので経験者から教わることをオススメします。

特にバイナリーオプションは短期間で結果が出やすい分、間違った方法で取引し続けてしまい、最終的に損失が拡大してしまうかもしれません。

投資スタイルを決めるのはあくまで投資を始める上での準備でしかないので、その辺はしっかり意識しておきましょう。