FXで破産する人に共通する3つの特徴

投資に関する話を聞くと、「FXで借金まみれになった」「バイナリーオプションで破産した」など、大損してしまうイメージを持つ方もいるでしょう。

しかし実際のところ、FXやバイナリーオプションで借金をしてしまう可能性は限りなくゼロに近いのです。

ではなぜ大損した話が出てくるのでしょうか?それはFXやバイナリーオプションで破産してしまう人に3つの共通する特徴があるからです。

余裕資金で取引しない

まず破産する人の中でも最も危険な人が余裕資金で運用しないパターンです。

余裕資金というのは家賃や光熱費などの生活に絶対必要なお金を抜いて、それでも余ったお金のことで、ゲームを買ったり友達と遊びに行くために使うお金が余裕資金に当たります。

FXやバイナリーオプションはやれば必ず儲かるものではく、取引で負けてしまえば損失を出してしまう可能性もあります。

どんなにプロのトレーダーでも取引をしていれば負けることはいくらでもあるので、初心者が損失を出さずに勝ち続けるなんてことは絶対にありえません。

初めてFXやバイナリーオプションに手を出す人ならなおさら損してしまう確率は高いので、仮に負けてしまったとしても生活に支障が出ない資金で運用しましょう。

破産する人の中でよく聞くパターンが「一撃で大きく儲かりたいから貯金を全額FXに投資したけど損して全額失った」という話です。

繰り返しますが”FXやバイナリーで絶対に勝つ”なんてことはプロでもありえないので、初心者が大金をFXに当てたところで勝ち目はほとんどありません。

ましてや「貯金も大してないから借金してFXに当てる」など、もはや目も当てられません。

ネットでよく聞く「FXで借金になった」というのは正確にはFXで借金になったわけではなく、消費者金融などで借りたお金で運用した結果損失を出して借金だけが残っただけなのです。

もしFXやバイナリーオプションを始めたいのであれば、まずは運用するための余裕資金を作ることから始めましょう。

損切りを決めない

2つ目はいくらまで損していいかを決めていないパターンです。

1つ目の特徴でもお伝えしたとおり、どんなにトレードがうまい人でも全く損しないことは無く、誰しもが多少の損失を被っています。

スポーツで例えるなら、プロ野球で活躍するあのイチローだって全ての試合において一度もミスしたことがないなんてことはないでしょう。

ではなぜ勝てるトレーダーと勝てないトレーダーの2パターンがいるのか?それは損したときに、自分が許容できる損失額を決めているか否かの違いです。

損切りを決めていない初心者が陥りがちなミスとして、「マイナス1000円できりたくないからプラマイゼロまで戻したら決済しよう」といった考えです。

コレがさらにマイナス2000円まで下がった場合「さっきのマイナス1000円の状態まで戻したら決済しよう」に変わり、マイナス3000円になったら「マイナス2000円に戻ってきたら決済しよう」に変わり、そうやってズルズル損失が拡大してしまうのです。

勝てるトレーダーは初めから損切り額を決めており、例えば1000円で損切りすると決めたらマイナス1000円になった時点で無駄な期待はせずスッパリ切ることができます。

損切りを決めることは利益をいくらにするかということより数倍重要なことなので、しっかり損切りを決めて負けない投資を心がけましょう。

独学でFXに手を出す

3つ目は誰かに学ぼうとせず自分一人で勉強しようとするパターンです。

FXを独学でマスターしようと思ったら、まず本を数十冊買って手法の前に「FXとは何か?」や「取引のしくみ」「FX用語」を学ぶことになるでしょう。

そこから次は「どこの証券会社で取引すればいいのか」や「そもそも証券会社を選ぶ基準」「証券会社のしくみ」なども学ばねばなりません。

ここまでですでにいくらかお金を使っていますが、上記の知識を得てようやく手法の勉強を始められるわけです。

しかし今度は手法を学ぶための本を買うのにお金を使うことになりますし、手法の練習をするのにもお金がかかります。

この話を聞いて「ネットで情報を集めればいいじゃないか」と思う方もいるかもしれませんが、ネットにはデマも多い上に広告目的で情報発信しているサイトが大部分を占めているため、有益な情報を得ることは困難です。

そうこうしているうちに、まだ取引を始めてすらいないのにお金どころか時間まで無駄にかかってしまい、最終的には諦めてしまう人が多いので損しか残らない状況に陥ってしまいます。

仮に取引を始められたとしても、独学では自分のしていることが正しいか判断する基準がないので、長い目で見たときに利益を出し続けることはほぼ不可能と言えます。

以上で解説した3つの点に注意すれば、FXやバイナリーオプションで大損することはまずなくなると思います。

お金も時間も有限なので、勉強するなら勉強の仕方にも注目して有意義にお金や時間を使って学ぶことをオススメします。