初心者が意識すべきテクニカル分析の基本!データ戦略を制し手法を極めよ!

近年、AI(人工知能)が急速に発達し、企業の経営戦略においてデータの蓄積が重要視されるようになってきたように感じます。

より多くの情報を集めた企業ほど、より有効な分析ができるようになることから、いかにして多くの情報を集め分析できるかがカギになっているのです。

この点においてはFXやバイナリーオプションでも同じことが言えます。

テクニカル分析は過去のチャートの統計データをもとに作られるため、取引に有効な手法はデータ戦略を制した証拠でしょう。

ではトレード初心者はどのようにしてデータ戦略を制するべきか?近年の企業戦略を例に挙げつつ解説します。

テクニカル分析においてデータ量は武器になる

情報を集めた企業が優位になるということは、GoogleやAmazonのようなプラットフォーム企業は、蓄積されたデータの大きさゆえに優位性を持っているでしょう。

こうした企業は自身が持っているデータを武器に、今の社会のニーズに合う商品開発やサービス提供をして、企業競争の世界で戦っているのです。

投資の世界では、データに基づいて作り上げられた手法が取引を優位に運ぶための武器になると思います。

そもそも手法とは過去のチャートを元にして分析・構築されたものなので、より長くチャートに向き合っているほうが優秀なトレーダーになれることは間違いないでしょう。

この過去のチャートの動きを統計的に分析する方法をテクニカル分析と言います。

もちろんデータの集め方や分析方法も重要なため、単純に投資歴が長いというだけで優秀なトレーダーになれるわけではありません。

闇雲にデータ収集をしていても時間の浪費になりますから、適切な方法で取引情報を集めることは必須です。

しかし初心者はトレードを始めたばかりなので、当たり前ですが取引に必要な情報は少量か、むしろゼロに等しいと思います。

では少ない情報量で優位に戦うためにはどうすればいいでしょうか?

少ないデータ量で優位に戦うには?

もう一度企業戦略の例を挙げて説明しましょう。

さきほどもお伝えしましたが、現代はAIの発達によりデータ蓄積の重要性が高まり、データ量が多い企業ほど優位性を持っていると判断される傾向にあります。

そんな中、日本市場は人口減少に伴い、世界全体に占めるシェアは徐々に小さくなってきているのです。

すると日本企業はデータの蓄積において不利になり、結果的に優位性を失いかねません。

同じくトレード初心者も経験不足から、チャートの動きを予想するために必要なデータが揃っておらず、トレードの世界で生き残るのは難しいでしょう。

ではデータ量の少ない初心者はとにかくチャートを見続けて分析すればいいのかというと、実はそう単純な話ではありません。

ただ闇雲にデータを集めるのではなく、どのようなデータをどのように集めるかが重要なのです。

データ戦略を制するために

仮にFX初心者がネットで見つけた手法を元に独学でチャートを見続けたとしても、チャートは日々変化するため、その時点での本当に適切なエントリーポイントを見極めることは不可能に近いと思います。

つまり初心者がデータ戦略を制するためには、その時々のチャートや手法に合わせた適切なデータを集め、分析しなければなりません。

言い換えれば経験不足の初心者であっても、必要な情報のみを選別してデータを収集し分析できれば、比較的短期間で価値のある情報を手に入れることができる可能性があるのです。

日本企業もGoogleやAmazonほど大量のデータを集めることは難しいかもしれないが、自社の戦略に合わせた適切なデータを集めることができれば、世界でも優位性を保つことでできるでしょう。

さて、結論としてトレード初心者は必要な情報に絞って分析をしよう!ということですが、一番手っ取り早く必要な情報を得るには自分のトレードの師匠を見つけることです。

僕も独自の手法を用いて取引しているトレーダーの1人で、下記のとおり弟子を募集していますので興味のある方はどうぞ連絡ください。