リスクリワードとは?投資の世界で生き残るための鉄の掟「損小利大」を徹底解説

投資の勉強をしている人のなかでも、勝率を気にしている人はやはり多いと思いますが、勝率だけを気にするのは逆に危険であることを【前回の記事】にてお伝えしました。

あくまでも勝率はトレードで勝ち残っていくための1つの要素にすぎないので、生き残るためには勝率以外にも注意して取引する必要があるのです。

そこで今回の記事では「リスクリワード」という要素の解説をします。

FXの世界では、利益を伸ばす方法として「勝率を高めるか」「リスクリワードを良くするか」の2つがあると言われていますが、リスクリワードを良くするとはどういうことか?について説明しましょう。

勝率だけを追い求めすぎてしまう人の末路

冒頭で「勝率は勝つための1要素にすぎない」とお伝えしましたが、FXトレードにおいて勝率ばかりを追い求めてしまう人(=勝率至上主義者)が辿りやすい負け組コースがあります。

投資では利益をすぐに確定させず、確定を遅らせることで大きな利益を狙う方法もありますが、勝率至上主義者は小さな利益でもすぐに確定させる傾向にあります。

理由は簡単で勝率主義者は損益の大小ではなく勝率を重視するので、利益確定を遅らせて今ある利益をマイナスにすることを極端に嫌うためです。

そのうえ取引しているものが損失方向に向かってしまうと、取引が負けで終わることを恐れて、マイナス状態で決済する損切りをせずにプラスに戻ってくるのを無意味に待ち続けてしまいます。

もちろんマイナスからプラスへ戻ってくる可能性はゼロではありませんが、根拠もなく損切りを放置するトレーダーは「塩漬け」といっていつまでも損失を決済できず、むしろ拡大させてしまうパターンに陥りがちです。

こうして勝率至上主義者は利益が小さいのに損失は大きい「損大利小」の取引になってしまい、いくら勝率が高くてもトレードで生き残ることができずに敗退してしまうのです。

トレードで生き残るためには『損小利大』という鉄の掟を守る必要があります。

そして損小利大の取引をするためにリスクリワードの考えが重要であり、逆にリスクリワードを知らずにいるとあなたも勝率主義者と同じ末路を辿ることになるかもしれません。

ではリスクリワードとはどういうものなのでしょうか?

リスクリワードとは?~公式と計算方法~

リスクリワードとは利益の幅と損失の幅のバランスを表す数値です。

リスクリワードは一般的にリスクリワードレシオ(=RR率)と呼ばれていますが、他にもリスクリワード比率、ペイオフレシオ、プロフィットレシオとも呼ばれています。

以下では簡潔に説明するために「RR率」と表記します。

RR率はある程度の回数を取引して、勝ち負けや損益状況を記録し、以下の計算式に当てはめることで算出できます。

RR率 = 平均利益 ÷ 平均損失

例えばFXで10回取引して、6回勝って6万円の利益、4回負けて8万円の損失が出たとします。

すると平均利益は「6万円÷6回=1万円」で、平均損失は「8万円÷4回=2万円」、そしてRR率は「1万円÷2万円=0.5」です。

RR率では算出された0.5という数値が良いかどうかが重要になるわけですが、その良し悪しを判断する基準になるのが下の表です。

勝率 10% 20% 30% 40% 50% 60% 70% 80% 90%
RR率 9.00 4.00 2.33 1.50 1.00 0.67 0.43 0.25 0.11

この表を元に勝率とRR率を照らし合わせて、算出したRR率が上記の数値以上なら良いと判断できます。

今回の例で言えば10回取引して6回勝っているので勝率は60%、RR率は0.5です。

上の表を見ると勝率60%ならRR率は0.67以上ないと良い手法と判定されないので、ここで紹介した取引は勝率は高くても勝ち残れる手法ではないことが分かります。

こうした計算をするためにもあなた自身の取引を記録に取る必要がありますし、あなたの取引を客観的に分析してくれる師匠にあたる存在も重要になります。

僕が教えている弟子の人たちには独自に開発した取引記録表を配布しているので、トレードに興味のある人は下記のラインから連絡してください。