「PBR1倍割れ」は割安株ではない?”経営者失格の烙印”とは?

株式を買う際に注意すべきポイントの1つに、選ぶ株式の株価が割安か割高かという点があると思います。

「割安か割高か?」と表現すると難しく聞こえるかもしれませんが、簡単な例で説明するとあなたが買い物をするとき、商品によって値段が高く感じたり安く感じたりするのと同じです。

株式にも値段(=株価)が高いものや安いものがあるので、なるべく安いものを選びたいと考えるでしょう。

ところが中には値段が安くても壊れかけの商品が紛れ込んでいる場合もあるのです。

今回は株価が割安かを判断できるPBRと、安直に割安と考えてはいけない理由について説明します。

PBR(株価純資産倍率)とは?

PBR(株価純資産倍率)とは株価が高いか安いかの判断基準となる指数で、売買で儲けるためには重要な分析対象です。

一般的にPBRは2倍以上だと割高、1倍だと適切な株価、1倍未満だと割安であると言われています。

PBRの計算方法は「株価÷1株あたりの純資産」から求めることができ、「1株あたりの純資産」も企業情報にそのまま記載されているので誰でも調べることができます。

株式トレードでの基本的な儲け方には「株を安く買って値段が高くなったら売る」方法があるので、あなたが投資を始めるとなればPBRを見て割安(=PBRが1倍未満)の株を探すことになるでしょう。

割安の株式が適切な価格に戻ったとき、割安だったときの価格と適切な価格に戻ったときの差額分があなたの儲け分になります。

またPBRのしくみを知っていれば、うっかり割高の株式を買ってしまうことも減ると思います。

しかし一概にPBRが1倍未満の株式だけを選べばいいというわけではなく、むしろPBRだけにこだわると思わぬ落とし穴にハマる危険性があるのです。

PBR1倍割れの会社は期待されていない

株価はそれぞれの会社の価値を投資家たちの基準で数値化したものになるわけですが、PBRが1倍の場合は株価と会社の価値がピッタリ一致していると言えます。

そしてPBRが1倍以上の会社は会社自身の純資産以上の価値があると評価されていることになるので、投資家たちから期待されていることを意味します。

逆に1倍未満の会社は本来のあるはずの価値よりも低いと評価されていることになり、投資家たちからは期待されていないことになるでしょう。

つまりPBRが低いからといって必ずしも割安でお買い得な株式とは限らないということです。

こうしたPBRが1倍を割っているような会社の経営者は、投資家から「価値のない会社運営をしている経営者」という不名誉なレッテルを貼られている傾向にあります。

そのため買う株式を探すときにPBRの数値だけを追っていると割安な株式ではなく、他の投資家たちから期待されていない株を買ってしまう恐れがあります。

では適切な株式を買うためにはどうすればいいのでしょうか?

会社の業績にも注目!

投資対象を選ぶ際の注目ポイントはいくつかありますが、今回は割安か割高かの数値の話なので、割安の中でも今後の成長が見込めそうな株を選ぶのがいいと思います。

例えばROEといって、株主が出資してくれたお金を使って会社が株主のためにどれだけの利益をあげたかを図れる数値があります。

すると投資家からすればROEがアップすることは、出資した金額に見合った利益を上げていることになるので、期待できる株式と判断してもらえるでしょう。

PBRは株式が割安か割高かを知るのに分かりやすい数値ですが、同時に会社が投資家から期待されているかも知ることができるので、こういった点にも注目して分析してみてはいかがでしょうか?

ちなみに最近では銀行の経営状態が厳しく、日経平均が当たっている一方でメガバンクのPBRが1倍割れを起こしています。

この件についてはさらに詳しく知りたい方は下記の記事もあわせてご覧ください。

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

弟子入りに関しましては少数ですが受け付けておりますので、興味のある方はライン@へご連絡ください。

定員になり次第締め切らせて頂きますのでご了承ください。

>>無料相談について<<

中卒の僕が月収200万円を稼いだ方法をLINEで伝授します