• バイナリーオプション 攻略
    儲かりすぎで凍結!?バイナリーオプションで安定して稼ぐ人の特徴
    2019-02-03
  • 順張りと逆張り、勝つためには使い方を見極めよう! 投資 小ネタ
    順張りと逆張り、勝つためには使い方を見極めよう!
    2018-05-15
  • 投資 小ネタ
    ツールを使っているのに勝てない2つの理由
    2018-05-28
  • バイナリーオプション 取引日記
    バイナリーオプション取引日記2019年1月8日
    2019-01-10
  • バイナリーオプション 注意点
    出金停止?海外業者のハイローで口座凍結される原因と解除方法【前編】
    2018-12-19
  • 投資 小ネタ
    "大数の法則"を制す者はFXを制す!?
    2018-07-09
銀行の未来が危ない!投資家に見放されたメガバンク株の現実

株を買うなら誰もがなるべく安い値段で買いたいと考えるでしょう。

【前回の記事】では割安な株を探すコツとしてPBRについて説明しましたが、PBRは割安株を探せると同時に、投資家から期待されていない株式も見極められるとお伝えしました。

そして今この投資家に期待されていない株式の中に、以前は絶大な社会的信用を持っていたメガバンクの株式が紛れ込んでいるのです。

日経平均株価がバブル以降最高値を更新したほど株式の価値が高まっている一方で、なぜ銀行株が買われなくなってしまったのでしょうか?

銀行の将来に対する不安

1つ前の記事でPBR1倍割れは経営者失格の烙印に近いと説明しました。つまり1倍割れの会社は組織を解散して、純資産を株主に分配したほうが得であることを意味するのです。

もちろん1倍割れした会社がすべて解散するわけではありませんが、投資家から見れば今後の成長が期待できないだろう判断されてしまいます。

さてなぜ銀行株が買われなくなったかと言いますと、おそらく今の経済や事業関連の環境が銀行にとって不利だからでしょう。

例えば日銀の異次元的な金融緩和政策の影響で、メガバンクを含む多くの銀行の収益はかなり悪化してしまいました。

また今は「カネ余り」といって市中にお金がたくさんある状態で、会社も「内部留保」という名の貯金が有り余っていると言われています。

すると会社が新しい事業を始めるにしても、自分の貯金を切り崩して使えるため、銀行からお金を借りる機会が減り、銀行はお金を貸し出す相手がいなくなります。

基本的に銀行は会社にお金を貸して、返してもらうときに利子を付けることで儲けるため、お金を貸せなくなると収入が減ってしまうのです。

こうした背景から、投資家は「銀行は成長できないだろうから株を買っても利益が見込めない」と判断しているのでしょう。

分析のプロによる辛口評価は成長のチャンス

投資家は有望な会社の株を買うために日々相場状況を分析している、いわば成長見込みのある会社を見極める分析のプロとも言えます。

そういった人々に辛口評価をされてしまった銀行ですが、逆に言えば指摘されている問題点を打破できれば、大きな成長に繋げることができます。

例えばさきほどもお伝えした通り、銀行は国内で運用していても「カネ余り」や「低金利」の影響で利益が見込めないため、海外にも視野を広げる必要があるでしょう。

他にも多少リスクはあるとしても、会社を維持するためにリスク資産にも手を出していかねばならないと思います。

これは単に銀行にとって不利な状況だからというだけでなく、社会構造が急激に変化しているため、その変化に対応していかなければ生き残れないことも意味していると思います。

そして変化が必要なのは銀行だけでなく僕たちも同じで、変化に順応していかないと豊かな生活はおろか、今までのような生活を送ることも困難になる恐れがあるのです。

投資を学ぶ=生活を守る

近年、「貯蓄から投資へ」というスローガンが打ち出されたことで、資産に対する考え方が大きく変化してきています。

投資というと株式やFXでボロ儲けしている人がイメージされがちですが、本来投資とはそういうものではないと思います。

投資とは社会の変化に合わせて自分自身の資産を守ることです。

もちろん株式やFX、バイナリーオプションで儲けることが悪いと言っているわけではありません。

稼ぐ能力は多いに越したことはないので、トレード技術を学べるなら学ぶべきだとは思いますが、同時に稼いだお金を守る手段も学ぶべきでしょう。

仮に月間で100万円稼げる能力があったとしても、守れなければ努力が無意味になってしまいます。

月収100万円は極端な例ですが、月収がいくらであろうと稼いだお金を守ることは自分の生活を守ることに直結します。

さて、銀行の話から大きく逸れてしまいましたが、僕が伝えたいことは金融のプロである銀行の現状を知ることで今後の金融のあり方を知ることができるということです。

しかし一口に「今後の金融のあり方を知る」とは言っても、金融の教育が遅れている日本で育った僕たちには難しいものがあるでしょう。

ただ投資を学ぶ機会が少ない日本だからこそ、自主的に動いてそういった機会を得る努力が必要だと思います。

変化し続ける現代は「普通の生活」を維持することさえ容易ではないので、将来の生活を守るためにも稼ぐ投資だけでなく、守る投資も学んでみてはいかがでしょうか?

中卒の僕が世界一周費用を稼いだ方法、LINEで伝授します
投資 小ネタの関連記事
  • 銀行の未来が危ない!投資家に見放されたメガバンク株の現実
  • 「PBR1倍割れ」は割安株ではない?"経営者失格の烙印"とは?
  • 投資やブログで稼ぎたい!副業の理想と現実を知り将来のために今できること
  • 物価を下げている要因「アマゾン効果」とは?今後の日本経済と私たちの生活にどう影響するのか?
  • リスクリワードとは?投資の世界で生き残るための鉄の掟「損小利大」を徹底解説
  • 勝率30%でも80万円稼げる!!投資家集団「タートルズ」のFXにおけるサバイバル術とは?
おすすめの記事