出金停止?海外業者のハイローで口座凍結される原因と解除方法【前編】

海外のバイナリー業者に関するサイトでよく見かける質問に「出金拒否されるの?」というものがあります。

業者によっては入金できなくなったり、出金できなくなったり、最悪の場合は口座が凍結される事例も挙がっています。

なぜ口座が凍結されるのか?凍結をあらかじめ防ぐことはできるのか?凍結されたときの解除方法はあるのか?

ここでは海外業者において人気が高いハイローオーストラリアにフォーカスして解説しようと思います。

2段構えのペナルティ

ハイローオーストラリアは口座の凍結レベルが「一時停止」と「完全停止」の2段階に分かれているようです。

サッカーで例えるなら一時停止状態はイエローカード1枚完全停止はレッドカードといった感じでしょう。

①一時停止状態

口座を一時停止されると口座へのログインや入出金が一時的に不能に陥ります。

場合によってはログインや入出金はできても、エントリーできる金額の上限が20万円から5000円に縮小されることもあります。

ただ後ほど詳しく説明しますが、一時停止は本人確認書類をアップロードすることで確認が取れ次第、口座を復活させることもできるようです。

②完全停止状態

口座を完全停止されると全ての動作が不能になります。

こうなってしまうと入金や取引はもちろん、口座内に入っている自分のお金を出金することもできなくなってしまいます。

これも後ほど説明しますが、口座の完全停止は不正なことをしていない限りは起こりえないので、心当たりがなければ会社に問い合わせましょう。

凍結される5つの原因

さて、上記のように停止されると楽しく取引できなくなってしまうわけですが、ハイローオーストラリアも詐欺集団ではないので、理由もなく凍結することはありません。

凍結されるには何かしら理由があるので、それを回避するために主な凍結の原因になり得る5つの点を紹介します。

①稼ぎすぎ

1つ目はハイローで稼ぎすぎた場合です。

正直言ってこの理由はハイローが身勝手なような気もしますが、取引での利益が1000万~2000万円くらいに達すると一時停止される恐れがあるようです。

一時停止なので出金や取引はできるらしいのですが、取引の上限額が5000円に下がってしまうので、ハイローで1000万円を超える利益が出ている人は注意しましょう。

②スキャルピングトレード

2つ目はスキャルピングトレードをしすぎた場合です。

そもそもスキャルピングトレードとは数分から数秒での短い期間で、細かく繰り返し売買するトレードスタイルです。

少し話が逸れますがハイローオーストラリアに限らず、海外業者はFXでもバイナリーでもスキャルピングを使うトレーダーを嫌う傾向にあります。

そのためFXやバイナリーオプションを海外の口座で取引することを考えている人は、スキャルピングトレードはあまりオススメしません。

もちろん「やってはいけない」というわけでなく、あくまでも口座凍結のリスクを高めてしまう取引スタイルなので控えたほうがいいというだけです。

あなたがスキャルピングトレードの勉強をしているのであれば、頭の片隅には置いておいてください。

後編へ

さて、かなり長編になってしまいそうなので今回はここまでにして、次の記事で凍結される原因の3つ目以降と、凍結の予防策、また解除方法について解説したいと思います。

【後編は近日公開予定】