バイナリーオプションはシグナルやツールを使って勝てるのか?

バイナリーオプションと聞くと「シグナル」や「ツール」もセットになって耳にすることが多いのではないでしょうか?

のちほど改めて解説しますが、ツールやシグナルは取引のヒントを与えてくれるものです。

このヒントを元に取引の精度を高めようと考える人は多く、中には高勝率のツールを捜し求めて、数万円や数十万円もするツールを買った人もいることでしょう。

しかしシグナルやツールの本質を忘れて、本来買うべきでない詐欺のようなツールを買ってしまっている人がいるのも事実です。

今回はツールやシグナルに取り付かれてしまった人や、今後取り付かれないために意識しておくべきポイントを解説します。

なぜ皆ツールが好きなの?

まずシグナルやツールについて改めておさらいしましょう。

シグナルとは取引におけるヒントとなるもので、エントリーすべき瞬間を音や矢印などで教えてくれます。

ツールはこのシグナルを毎回出してくれる装置のようなもので、ツールを導入することで取引のたびにシグナルが現れ、エントリーすべきポイントを教えてくれるのです。

バイナリーオプションをやったことがある人なら分かると思いますが、基本的に取引の中でどこでエントリーするかは自分で決めなくてはなりません。

しかし何もないまっさらなチャートを見ただけでは、何を基準に分析したらいいかも分からないので、自分の決まった分析手法がないと完全な”当て勘”で勝負することになります。

そこにどこでエントリーすべきかのヒントとなるシグナルがあると、上か下かといった五分五分の勝負を避けることができます。

そしてツールの勝率が高ければより高い戦績を出せる=利益に繋がることから、多くのトレーダーがお金を払ってでもツールを捜し求めているというわけです。

この話を聞いて「自分が分析しなくてもツールが勝手に分析してくれるからとても便利じゃん!私もツールを探しに行こう!」と思った人もいるでしょう。

しかし少し待ってください。

それはツールの良い面しか見ていません。実はツールは良い面ばかりでなく、悪い面もある上に下手をすると騙される側に落ちてしまうものなのです。

長くは続かないツールの罠

さきほどの話はツールを使うことのメリットでしたが、残念ながらデメリットもあります。

1つは全てのツールが優秀とは限らず中には偽者や詐欺ツールも混ざっていること、もう1つは経験値が身に付かないことです。

順に説明しましょう。

①詐欺ツールの存在

ほとんどのツールはツイッターなどのSNSで個人的に売られています。

個人的に売られているということは、買う側にとって売られているツールの質がどうなっているのかを調べる術がないということです。

すると売られているツールの中身が劣悪なものであっても気付けず、仮にツールとして使えたとしても法外な料金を請求される場合もあるでしょう。

②経験値が身に付かない

そして例え良いツールを手に入れたとしても、勝率が100%のものは存在しないので、いつか必ず取引で負ける瞬間がやってきます。

バイナリーオプションに限った話ではありませんが、トレードにおいては勝ち続けること以上に、負けから学び取引を継続することのほうが重要です。

ツールに頼り切った取引では負けた原因がシグナルでしか判断できないので学びに繋がりにくく、最悪別のツールに手を出してしまいかねません。

一概にシグナルやツールが悪いとは言いませんが、使うなら意識しておくべきことは他にもあります。

少し長くなるので、それについては次回の記事にてお伝えしようと思います。

【近日公開予定】